AMP for Emailの導入方法&利用申請方法をわかりやすく説明

AMP for Emailを利用することでWebサイトのような動的な画面をEmail画面上で表示する事ができるようになります。この記事ではAMP for Emailを利用するにあたってどの様なことを準備する必要があるかをご説明します。

GoogleへのAMPメール利用者申請

AMP for Emailを利用するにはGoogleに利用申請を行い、審査を受ける必要があります。
審査は以下の項目を基準に行われるため、事前に準備しておく必要があります。

申請ガイドライン(英語)

1.DKIM/SPFのドメイン認証

DKIM/SPFとはメールの送信元が偽装されていないことを証明するための認証方式です。AMP版Emailではこれらの認証方式でドメインの認証を行う必要があります。SPFの場合はドメインが登録されているDNSサーバーにレコードを追加するだけで完了するため、比較的簡単に導入する事ができます。

2.Ajax送信先ドメインの制限

Email内でAjaxリクエスト(XMLHttpRequests)を行う場合はEmailの送信元のドメインかサブドメインとの通信である必要があります。
例えば、送信元アドレスがno-reply@mail.example.co.ukの場合、Ajaxの接続先はexample.co.uk、またはそのサブドメインである必要があります。

3.メールテンプレートの妥当性確認

AMPバリデーターAMP for Email Playgroundでエラーとなっていないことを予め確認する必要があります。まぁ、これは当たり前ですね。またAMP for Email Playgroundではリアルタイムでプレビューが表示されるため大変便利です。

4.AMPメールの転送禁止

他のドメインから転送されてきたメールではAMP版Emailは機能しません。実際の送信元のドメインとメールのFromアドレスのドメインは一致している必要があります。受け取ったメールが転送されたものの場合、メール内のAMPパートはGmailによって自動的に削除されます。

5.テストメールは申請不可

テストメールや空白のメール、AMP部分を含まないメールを申請しても申請は却下されます。申請時にテストメールや空白のメールの場合は申請が通りません。

6.DKIM認証ドメインと送信元ドメインの一致

DKIMで認証したドメインは送信元アドレスのドメインと一致している必要があります。
例えば、DKIMでexample.co.ukを認証した場合、送信元アドレスはFrom: no-reply@example.co.ukとする必要があります。

7.動的なアドレスは不可

送信元のメールアドレスは静的でなければなりません。プログラムによって動的に生成されたアドレスは使用できません。

8.一括送信ガイドラインの遵守

これはAMP for Emailに限ったことではありませんが、一度に大量のメールを送信する場合は「一括送信ガイドライン」を遵守しなければなりません。
一括送信ガイドラインは以下のページで確認できます。
一括送信ガイドライン

9.一定規模のメール送信実績

過去に少なくとも数週間程度の期間において、一日数百件の規模でGmailにメールを送信しているドメインである必要があります。

10.スパムメールでないこと

Gmailのユーザーからのスパム報告が送信数に対して少ない割合であること

11.専用のMIMEタイプを設定

AMP EmailではMIMEタイプにtext/x-amp-htmlを使用します。また、現状Gmail以外はAMP Emailに対応していないため、それ以外のメールクライアントでも問題なく表示できるようにtext/plaintext/htmlパートをあわせて送信する必要があります。最終的にmultipart/alternativeでラップするとMIMEツリーは以下の様になります。また、メールクライアントによっては一番下のパートのみ読み込む物があるため、text/htmlパートを一番下に設置することで、AMPに対応していないメールクライアントでも正しく表示されるようにします。

まとめ

以上がAMP for Emailの利用申請時の要件となります。これらを見る限り、9の送信実績の要件がネックになってくるのではないでしょうか。小規模のサイトではこの量のメールは送らないと思うので、中〜大規模のプラットフォーム型のサービス向けにまずは提供したいようです。
(小規模のサイトが申請してくると審査等々色々大変なんでしょうね。)

とはいえ、まだAMP for Emailは始まったばかりですので、今後の動向に期待しましょう。
最後にAMP for Emailの送信者利用申請のフォームのURLを貼っておきます。

AMP for Email申込フォーム

最新記事